メンテナンス

ゼロ円でできる!冬の車のフロントガラスが凍ったら素早く溶かす方法と凍らないようにする方法

はつ子さん
大変!朝起きたら車のフロントガラスが真っ白に凍ってる!もう出発しなきゃいけないのに、これじゃ運転できない!
柴タロー
これ大変だよねえ。冬に起きる車のフロントガラスの凍結。効率よくとかす方法を教えるよ!
はつ子さん
でも毎朝凍るのに、毎朝とかすのも大変だよ・・・
柴タロー
大丈夫!凍らないようにする方法も教えるから!
はつ子さん
ほんとに!?それはうれしい!

この記事でわかること

冬に車のフロントガラスが凍ったときの対処と、凍らないようにする予防方法

先にぶっちゃけ

  • 朝に太陽光が当たる位置に車を止める
  • フロントガラスにカバーをかけておく
  • 水をかける
  • 暖房をフロントガラスに。
  • 屋根付きの駐車場に車を止める
  • 解氷スプレー

最初から凍結しないようにする

屋根付き駐車場に車を止める

屋根のある車庫に停めるだけで、フロントガラスの凍結は防ぐことができます。屋根も壁もある車庫に入れるのが一番ですが、屋根だけの車庫でも防ぐことができます。

柴タロー
車と屋根の間がせまいほど凍結しにくいよ!屋根の高い車庫だと凍結しやすいから気を付けよう!

フロントガラスにカバーをかけておく

フロントガラスの外側にカバーをかける方法があります。こうすることでフロントガラスに凍った水蒸気が降りず、凍結防止ができるというわけです。

柴タロー
これも実際に試してみたよ!

フロントガラス 凍結防止 カバー太陽の光が当たらない方向に停めたうえでカバーはワイパーとマスキングテープで固定しました

ただいま作成中

上記の画像のカバーは本来は夏の日差しをさえぎるためのものですが、安かったので実験として使ってみました。やはり効果絶大でした。カバーをかけたり外したりの手間はあるけど、太陽に光が当たる位置に車を止められない場合はこの方法がいいでしょう。凍結防止のための折りたためる専用シートがあるので、こういったものを使うのもいいと思います。↓

 

ゼロ円でできる凍結したガラスのとかし方

朝に太陽光が当たる位置に車を止める

太陽 日光 朝日

もっともおすすめなのが太陽の光がフロントガラスに当たるように車を止めるという方法です。凍ったとしても太陽の熱でとかしてしまえば、いいわけです。

柴タロー
実際に試してみたよ!

左の車は、太陽の光が当たる方角にフロントガラスを向けて駐車。右の赤い車は逆向きに駐車しました。

太陽の光が当たらないので赤い車は真っ白に凍っています

こちらは太陽の光の熱でとけたようですぐに出発できる状態です

はつ子さん
なるほど!これなら勝手にとけてくれるから時間も手間もかからないね!

普段停めている場所で前後を入れ替えるだけとか、一戸建てなどで車の停める位置を変えられる場合は、この方法が一番いいでしょう。

水をかける

フロントガラス 水 凍結

凍ったフロントガラスに水をかけましょう。水をかけることで凍結がとけます。とけたら必ずかけた水を拭くか、ワイパーで水を飛ばしましょう。気温によってはその水がまた凍ってしまうことがあるからです。

ココに注意

絶対にお湯をかけてはいけません。凍ったフロントガラスにお湯をかけるとフロントガラスにヒビが入ったり割れたりします。ガラスの温度とお湯の温度があまりにも差があるために起きる現象です。ぬるま湯でもダメです。

解氷スプレーでとかす

はつ子さん
太陽の光が当たる位置に車を止められないし、カバーをかけるのも水をかけるのも面倒だし、屋根付きの車庫もないよ~

という人には解氷スプレーがいいと思います。

氷を解かす液剤が入ったスプレーです。凍ってるときにだけとかしたいガラスに吹きかければOKです。車にひとつ積んでおけばいいですね。

フロントガラスに暖房をあてる

この方法が最も行っている人が多いんではないでしょうか。ガラスが凍ってるなら暖房で温めてとかす方法です。暖かい空気が出てくるまで時間がかかりますが、道具なしでできる最も身近な方法でしょう。これのために出発する少し前にエンジンをかけに行くという人も多いと思います。しかし、その手間と時間をかけていたら意味がありません。

という人にはリモートエンジンスターターを車につけるのがおすすめです。

リモートエンジンスターターとは?

離れた位置から無線でエンジンをかけたり止めたりできる装置。数百メートルから1キロメートル離れていても問題なく始動停止が可能。

>>メンテナンスをもっと見る

-メンテナンス
-,

© 2021 くるわか Powered by AFFINGER5